『スーパーアメフラシ』


「かばん」メンバーの
山下一路さんの第二歌集『スーパーアメフラシ』は、
四十年の“時とうた”をとじこめた一冊。

201820_6
                                  迎春         





つぎつぎと夜のプールの水面を飛びだしてくる椅子や挫折が  

飛ぶことに目を背けたらほろほろ鳥その延長にヒトが位置する   

今までの人生すべてサンプルで本物の恋がシチリアにある  

 

 “短歌定型”は、しばしば、記憶の旅のスーツケース的なものに
 例えられたりする。といっても、
 山下作品では、モノ・人・鳥獣がまっすぐならべられて、
 時々標本的にもなる。

 

 こういううたのラインは、北欧式頭脳によって
 つくられるものだろうか。いえ、今日の憂いをさかのぼって
 つき抜けていくあのシチリアのレモンが、
 アルバムの下からのぞいている。


                         なまり
暗闇に折りたたまれていた鶴をほどくと鉛 三月の空    

人体はパイプオルガンでできていてときどきずれる通奏低音   

このメールアドレスはすでに登録されています。不幸な自分  

 

 耳をすませばすますほど、
 「鉛」「通奏低音」「不幸」ということばの響きは、
 おもたく、不気味。
 それでも、これらのタームはメカニカルに選択されて、
 一首の上でまったく矛盾を纏わないようにみえるのである。




大事なことの少ない今日一日を挟んでいるペーパー・クリップ  

ポツポツとボールペンで点打って「生き方論」としてどうですか  

 
 この「ペーパー・クリップ」はやさしい。「ボールペン」のほうは
 どことなく執拗。
 ところで、私個人的に、2018年には愛する文房具をもっとうたいたい。
 机をはみ出してとことん愛せるものたちに会いたい。



                                そら
欲しいものほしかったものが別れてならぶ薄紅色の空のお店に 


 2017年にみた舞台を、なぜかほんの一瞬唐突に思い出す。
 チェーホフの『ワーニャ伯父さん』(ケラリーノ・サンドロヴィッチ演出)に
 でてくる娘ソーニャは、絶望のラストに天を仰ぐ。でも、
 このうたの「空【そら】)のお店」はネットショップ的なものかと考えれば、
 ソーニャはたちまち消えて、現代の赤ずきんたちに変わってみえてくる。

 
 「薄紅色」はここまでひんやりと色あせる。
 作者のビジョンのなかで、シンパシーと皮肉は、
 冷たく手をつないでいるのだろう。






とつぜんのスーパーアメフラシ父さんの見る海にボクは棲めない




| | コメント (1) | トラックバック (0)

『転生の繭』『パパはこんなきもち。』


「かばん」メンバーの本多忠義さんの第二歌集『転生の繭』は、
『パパはこんなきもち。』との“2冊組”。


20187_2



五・七・五・七・七は、
作者の“実人生”を、
読者に知らせやすいかたち。
それでいて、
そんなしがらみに、
読者を決して埋没させようとはしないもの。逆に、解放する。


作者の鼓動すら、
一瞬すりぬけて、定型にのって詩はやってくる。





『転生の繭』



見回りの途中でカモシカを見かけ家庭科室にトルソーといる 
  

 
 カモシカを目撃した、その美しい瞬間の鼓動は身体に溜められて、
 「トルソーといる」時間へぽん、と放たれる。それだけで、
 ひとつの心理的な圧が伝えられる。日常から野性へ――
 “うた”たちは踊るようにはみ出したり、またちゃんと戻ってきたり。
                 



誰も詩を口にしないから夕映えがなかなか消えてくれないのです
  

 
 詩って何?こたえは人それぞれ。
 でも、ある時、“なんでもない、こころからのふつうのことば”と
 感じられるものに触れて、それを誰かが詩と呼んでいると、
 あとから知らされるーーこれは、なかなか“カオス”な体験にもなる。   


 「夕映え」は、たとえば、まるで、
 劇場の舞台を包む、古めかしいビロードの赤い緞帳のよう。
 「口にしない」(ことばにしない/食べない)ものには、
 美しくも怖い心のドラマが含まれたままなのかもしれない。                                     
                         



ほんとうに会いたいひとはこの場所にいなくて星と嘘を重ねる 
 

 「ほんとうに会いたいひと」が近くにいない、それは今、
 特別な悲劇というより、日々のなかでふっと感じる感覚でもある。
 「星と嘘」という文字をみると、切なくもとんちんかんな、だけど、
 とびきり一途なシナリオを連想する。





春の雪記憶に溶けて転生の繭に内から外から触れる
    

中国語飛び交う街でつながれる手はささくれのないほうの手で  

 
 「繭」は、生命の光の結晶。「ささくれのない」手は、大切なひとの
 手をしずかに包む。
 “リアリティー”でもなく、“ドラマ”ともまたちがう、
 「ほんとう」のことばを探っていく。手と手の触感。




『パパはこんなきもち。』

目をつむりモロゾフの缶投げ飛ばす息子にふたのサンタも甘い 

目をつむりながら隣に乗るきみが明日出会えない夕陽に染まる  

ストップモーションで記録してうたう、“飛行機的”な視線が、
熱い。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます


2018onenga2

                          元旦





ぴんくのこども遊んでいるよ手をふれば大人みたいにややふりかえす






スクリーンと最前列の椅子たちはそう、ズレていてみちる福音




                                 歌誌『かばん』掲載







今年もよろしく!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

『敦』とトラヱさん(再掲)



『 今、私が歌いたいうた100 』




1.
♪Desafinado  (1959)
               作詞  Newton Mendonça  
               作曲  Antônio Carlos Jobim
 

 

  私は、クマヱ。妹は、トラヱ。昭和一ケタ生まれのニンゲンの姉妹です。父は、
古風で頑固一徹。とはいえ、どういう考えから、あの時代に、こんなイカつい、
ケモノ系の名を女子に与えたのかーー幼い姉妹は、折りに触れては訝しんだもの
です。どうせなら、何かもう少し可憐な生物の名をつけてもらいたかったなと
思ったりもしました。まぁ、それで、私たちは妙齢になると、それぞれに
琴子・笛子と自ら名乗り、当面の問題解決をはかることにしたのです。
                                

                    ○
 

 「琴子」としての私の人生は、先ず「G演劇研究会」というものに所属する
ところから、始まりました。あの頃はといえば・・・下級生はみな、
〈基礎体力〉をつけるべく、映画の蜘蛛男式に、高いコンクリートの塀に
ピタッと貼りついて向こう側へ飛び下りるというような訓練を日々やらされて
いました。上級になると、私は小さな地下劇場の舞台に、時々立ったりしました。
 そのころ、妹のトラヱも、同研究会に入会。「笛子です!」って、あの子は
スムーズに自己紹介していましたっけ。歌唱指導のK之介さんは、実は
ピアノはあまり上手とはいえない感じでした。そのうえ、ある日なんと、
古いクロイツェルのピアノの蓋がパタンと落ちてきて、鍵盤上の彼の指を
まるでマンガみたいに噛み砕いてしまった。泣きそうなK之介さんをあの子が
すぐに近くの総合病院へ連れて行って、翌日には、二人とも私たちの目の前
からいなくなっていました。
 しばらくして、私宛てに届いた手紙には、あの子とK之介さんはボストンに
いること、もうすぐ子供が生まれること、ここでずっと暮らしていくことが、
あぶり出しみたいな薄い茶色のインクで綴られていたの。その文字には、
いつものトラヱの、あの暢気な調子のしゃべり方がまるごと載っかっている
みたいにみえて、その瞬間から、私はもう、不思議に落ち着いた気持ちに
なっていました。
                

                    ○
 

 私は、大手メーカーの風呂掃除洗剤のCMに2回登場。やがて、自分の
劇団(団員数1名)を立ちあげました--それが、えーと、何年前、いえ
何十年前の話だったかしら?今日は、薄緑色の空に、太った水滴が
いっぱい貼りついているのが、鬱陶しいような。それでいて、どこか愉快な
ような。これから、天気がうんと崩れるらしい。
 
                    ○
 

 夕方には、私の息子のK一郎が出張先の外国から帰ってきます。え?たしか、
ボストンだったと思うけれど。K一郎の父親は、やはりK之介さんです。
いつだったか、以前、K之介さんがお稽古場で言っていたわ。「あのね、
歌い方っていうのは、出会い方なんだよ。きみは今日、この曲とどんなふうに
出会う?」「どんなふう・・・って?」私は彼の横顔をちょっぴり不服げに
眺めました。「琴子さんはたった今、この曲のはじめの音を待っているね」
 クマヱの私は何を待っているだろう?この頃時々考えてみるのです。生物は、
結局、ニンゲンだってドウブツだって、みないつも何かを待っているのだと思う。
先日、妙な噂を聞きました。妹のトラヱが、遠くヒマラヤ辺りのほうに仲間と
暮らしているって。真夜中になると、あの子は激しく歌うのだといいます。
メタリックにくぐもった大気の膨らみの奥から、夏の燐光だけをいっぺんに
かき集めては、もう一度まき散らして。それにしても、一体なぜ、ーー?たぶん、
今、そういう時代が巡ってきたから。あぁ、あの子はいつのまにか、はりつめた
時間の表面張力になって、くり返される一日一日を包み込もうとしていた
のでしょうか。
 
                   

                    ○
 

 
  「琴子さーん!」
鼠色のツナギの作業服を着て、バケツをもった女の人が誰かを夕食に
呼んでいます。(あんなに大きな声で誰を?)私は、クマヱ。クマのクマヱ。
そうそう、これから私、郵便局に行って大事な小包を出してこなきゃいけないん
だったわ。でも、どうしてかしら。何本もの鉄の棒が格子状に
なって私のまわりをすっかりとり囲んでいるんです。
 
                      




                                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Cheddarcheese4_3







野村萬斎構成・演出の『敦』の再々演を6月に観ました。2015
中島敦の『山月記』と『名人伝』が、スペクタクルになって、
とてもおもしろい舞台。初演のときから、大好きでした。
詩人李徴の“悲しみの虎モード”に、
映像の解析技術に支えられた、どこかブラジリアンな身体が
映ってみえる気がして、
たぶん、
李徴は、調子はずれ(デザフィナード)と思ったり、
萬斎氏が、父・万作氏のふわふわの白髪をとかす音がきこえる気がしたり、
どこにもない時間が、そこにあった。
9月には、『解体新書その弐拾五』で、あの時間の中が透視されて、
なぜかふいに、私はトラヱさんを思い出しました。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった…1月〰5月の舞台・映画などから⑤(『エレクトラ』他)

4月
Margaret

『エレクトラ』@世田谷パブリックシアター
原案・原作 アイスキュロス
劇作・ 脚本 笹部博司
演出 鵜山仁

小柄な、ボーイッシュなエレクトラ(高畑充希)、よかった。
汗だくで、エネルギーを一直線に出し切っていても、
ちょっと癖もあって。
クリタイムネストラ(白石加代子)は、
とてもたのしそうに演じていた。
わぁっ、あの自在な語りの世界が、なんだかさらに
バージョンアップしてる!
今も成長中なのだろうか?





5月



『草間彌生  MY ETERNAL SOUL』@国立新美術館


大きな作品展を、以前にもみた憶えはあったけど、
今年また、みてきました。やっぱり、草間作品には、
あらゆる創作に共通するテーマがあらわれていると思うから。
そういえば、だいぶ前のこと。
今はもう閉館してしまった、シブヤのシネマライズの
スクリーン前で、自作詩の朗読パフォーマンスを披露する
「ヤヨイちゃん」をみました。あのころと今と、姿変わらず。




映画『ターシャ・テユーダー  静かな水の物語』



またもや最終日にかけこんだのです。
ターシャの庭のすばらしさより、
ターシャ本人がいい感じにへんなひとであるところに
光を感じました。



Img_4448

 

★レビューつづく








| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから④(『萬斎ボレロ』他)


4月

Img_8094_3




★世田谷パブリックシアター20周年記念公演


『萬斎ボレロ』


今年は、世田谷区民招待公演と、一般公演と、
2回もつづけて 「ボレロ」をみちゃった。
この2回、ちゃんと、衣裳や演出がちがったのです。
区民招待の日は、舞台中央奥、御簾のかげからしずしず登場。
白髪下げ髪ロングヘアー、繻子の衣ずれ・・・厳しく、優雅に。
次にみた一般公演では、登場は上手から。
烏帽子スタイルで、凛々しく、すがすがしく。


私は、今年の下げ髪lバージョンが、
これまでにみたボレロのなかで一番好き。
「ホワイティーくんの絶対跳躍」、お見事なり! 
「萬斎トーク」のほうは、
「わかりやすい」ものだけをよしとはしないでいきたい、
世田谷・三軒茶屋から世界へ、
演劇文化のビームを
たえずえず送りつづけたい、などの“芸術カントクトーク”でした。 




『唐人相撲』


これは、なんて目に鮮やかな狂言舞台。ゴールド・グリーン・
ブルー・バーミリオン・・・。狂言というジャンルを一瞬忘れて、
夢みる。
ポストトークにあらわれたゲストの白井晃氏は一言、
 「前衛的ですね」




Img_7409_2

                                  





 ★レビューつづく



| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから③(『不信~彼女が嘘をつく理由』他)







3月



Img_4445_2_2




『不信~彼女が嘘をつく理由』@東京芸術劇場
 


このダーク系の三谷幸喜作品では、
まぁ、ごくふつうの
二組の夫婦(段田一則×優香・ 栗原英雄×戸田恵子)の
一見ふわふわとした出会いが、
実は周到に組み立てられた、衝撃のラストへと展開する。


「小道具」の使い方、たのしい。
(分銅みたいにドンッと落とされるマグロのあたま、
よくある白いホーロー容器、よくある黒い紙袋とか・・・)


ところで、以下のようなドラマがあるとすると・・・



① あるひとつの、「共通了解」のうえに
"ふつうじゃないこと"を、あくまでも "ふつうじゃないこと"として
ちりばめてみせる物語


② ”ふつうじゃないこと”(プライベートな事情とか感覚とかも含む)を、
あえて、できるだけ"ふつう"に、
なんでもないように語るドラマ。



私は②も、けっこう好きなんです。
これって、じつは今、私たちが、
ちょっと元気がないときにみるための、
ひとつのファンタジーにもなってるんじゃないかしらーー?




Img_7039_2_3



映画『彼らが本気で編むときは』


いつもの荻上直子作品らしく、のんびり空気のなかから
パンチがとび出るようでいて、
今回はそのパワーは少々よわかった。(生田斗真は、女装が似合う
というのは、
蜷川舞台『サド侯爵夫人』のときに、カクニン済み。
『サド』のとき、あれは、フランス人形そのものでした)




美術『花森安治の仕事』@世田谷美術館



                               
 ★レビューつづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから②(『炎アンサンディー』)

3月

Img_7384_4





『炎アンサンディ』@シアタートラム  
  作 ワジディ・ムワワド
  翻訳 藤井慎太郎
  演出 上村聡史




このドラマのシーンのひとつひとつが、「一篇の詩」。
しずかに、あるいは、
胸掻き毟るように、人間について、
家族について、紡がれていきます。




ヒロインは、
自らの生死をこえた、ひとつの意思を
沈黙の内に守らざるを得なかった。
自分が置かれた環境(レバノン内線下から亡命)のなかで。




意思は、死後にのみ、本当の愛に変わる。
そのメッセージの強度に、
舞台も客席も、同時に、
ただもう窒息せんばかりの感覚になる。
(麻美れい×岡本健一×中嶋しゅう×栗田桃子×小柳友
中村彰男×那須佐代子 )
それでいて、
実は、すっきりと「ウェルメイド」な仕上がりになってます。
(映画化もされている)





ポストトークでは、
「詩は、慰め」というようなフレーズが耳にとびこんできて、
一瞬あたまのねじがカチャカチャ混乱。
この舞台の時間の流れのなかに
すっかり入っていた私は、
このトークで「詩」と呼ばれていたものを、
詩というより、
「ふつうの、こころからのせりふ」
と感じていたと気づきました。
でも、この芝居を離れてみれば、
「詩」は、いつも、「慰め」とは限らない、ある種の攻撃パワーも
もっている・・・とかひとりで(詩歌をつくるものとして)思っていたら、
とつぜん、
岡本健一が、野村萬斎のしゃべり方の真似なんかして、
そっくりで、なんか「トラムっぽい」感じでした〰。
 

  ★レビューつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから①(『陥没』他) )

1月

★ 映画『ブルーに生まれついて』


最終日に、バタバタ駆け込みました。
ジャズ・ミュージシャン、チェット・ベイカーの
苦悩を熱演するイーサン・ホーク。
麻薬がらみの暗黒ボコボコ事件(顎骨折)のあと、
バスルームで、血まみれで、トランペットを吹くシーン、痛〰い。
ジャズ界における、黒人・白人アーティストの微妙な対立感も
かいまみえたような感じ。


20174_4




2月

★『陥没』@シアターコクーン


 
 やわらかく、(ほんのり不思議で)、おもしろかった。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ昭和三部作のラスト。
たくさんの登場人物(幽霊含む)たちが
チェーホフ劇風にざわざわしてる。



笑いポイントが、たくさん。ただ、その全部に
必ず大笑いしなくても、好きなところで、
自由に笑えるのがいいです。
(1963年の東京オリンピック直前、開業したてのホテルに
集う面々はみな、どこかふわふわした空気に包まれてる。
ホテルの一室に侵入したらしいとされるけれど、
だれも見たことのない謎のホームレス氏のことさえ、
なんとなく「○○さん」と、旧知のひとのように名前で呼んで
しまったりして。
ホームレスのグループの会話。
一人が確信ありげに、「中丸と君塚にも伝えとかなくちゃ」
もう一人がまた確信ありげに、「そんなヤツはいないよ」
・・・とか、大筋には関係ない、これだけのせりふにも、
この“抜け感”。苗字の選択が、わけもなく、ツボ)



たとえば、
「やさしいことは、つよいこと」by宮城まり子
という言葉があるけど、
「やさしいことは、こわいこと」byケラ
という言葉もありそう。
でも、このドラマにはひとの感情を
ただゆさぶって、
そのまま放りだすような怖さはなかった。
 ホントに、言葉の銀河が、私たちをずっと
包みこんでるような。



Kihachi001





★『お勢登場』@シアタートラム 演出倉持裕


おなじみの江戸川乱歩作品をオムニバスにした、あやしの舞台。
テンポいい。そのぶん、
「乱歩ムード」はやや薄くみえたかもしれない。でも、一人何役かをこなす
演者がみんな生き生きしてみえました。
(黒木華×片桐はいり×水田航生×川口覚×粕谷吉洋×千葉雅子
×寺十吾×梶原善)



シアタートラムは、どうしてだかいつも、演じるひとびとの、
熱だけじゃなく、
彼らのお互いのつながりの明るさがじんわり、
はっきり伝わってくるんです。(他の小劇場とちがう)

                                    ★レビューつづく

Img_8259_2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヒドゥン・オーサーズ』

 

 電子書籍レーベル「惑星と口笛ブックス」の配本が

 スタートしました!

http://dog-and-me.d.dooo.jp/wakusei_kuchibue/wakusei_kuchibue.html

 第一回配本

 『ヒドゥン・オーサーズ』は、

 小説・詩・歌・句の

 文芸ジャンル・ミックス・アンソロジー(西崎憲氏のプロデュース)で、

 私、杉山モナミの短歌も掲載されています。

http://dog-and-me.d.dooo.jp/wakusei_kuchibue/hidden.html

 

 近いジャンルがひとつのところにギュッとあつまって、

 思いもよらぬ、新鮮な感覚が生まれてると思います。

 全作品が、踊っています。今までにちょっとなかったような一冊。

 ぜひ、読んでいただければ幸いです。



https://www.amazon.co.jp/dp/B072LZ33P3/ref=sr_1_1?



             Img_8245_2




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«君は1000%