まゆげ1(朗読付き♥)

 

 
🎧 朗読してみました♥

 

          https://youtu.be/5RRindEUf1A

 

★どう考える?  

 

先日、私がミニー・リパートンの“Loving You” を

歌えるようになりたいとずっと思っていることについて、

どう考える?と猫に尋ねてみました。同時に、私はほんとうに

あの歌が好きなのか、今、こころの底に問いかけてみたのです。

もし、じつはそれほどでもなかったと気づいたとしたら、

それは自分が“Loving You”をいまだにぜんぜん歌えないから?

ちがう、そんなせこい理由じゃありません。あのハイトーンボイスに

挑戦すると、いっきにどっと疲れるから?いえ、虚弱(音痴)なんかの

せいにしていたら、なんにも歌えないにきまっています。猫は

めんどくさそうに、「そういうときは、アレでしょ、つむじを天井から

糸で吊られてるような感覚で声をだせばいいんじゃない?」と

言うだけなのですが……。
                    

 


★こう考える  (3丁目文具店主)

 

もしかすると、きみは、自分は“Loving You”を歌わなければ

ならない、歌うべきだ、といつのまにか思い込んでいたのかも

しれませんねぇ?むかし、きみは、学校の遠足の高尾山行きの

バスのなかでマイクが回ってきたとき、「ハイティーン・ブギ」を

フルコーラスで歌いきったんでしょ。きっとその感じで“Loving You”も

歌えるようにしておけば、自分とみんなの「たのしい」のバランスが

保たれる気がしていたのではないかしらん?自己満足は、人生の時間を

あたたかくするポンチョ。それは、うたごころのためにけっしてマイナスな

ものではないと思うんだ。「こんな歌をわたしが歌ったら、ジャイアンと

呼ばれてしまうのでは……」とおそれてばかりいるのはよくないかもね。

ただ、まあ、たのしく歌うためには、ちょっと気分を変えてみてもいいだろう。

はい、そんなあなたは今日から「水色の朝」(松田聖子)を

練習してみてはいかがかな。







       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

youtubeでも聴いてネ♥(短歌朗読)



   短歌朗読を、youtubeに限定公開しています。



  🎧🎧  朗読はこちら 🎧🎧

 

  ① 『電気の精』

     
     B.G.M.も、モナミ作成。
    ヘッドホンのときはボリュームを少し下げてネ。

      https://youtu.be/vNYQ78qRx3Q

 

 

 

 ② 『ころがる』(youtube ver.)
 

 


   今年も木瓜が咲きました〰。

   https://youtu.be/Qa0kqjnhF8A



| | コメント (0)

蝶は迷子(短歌朗読付き♥)

 

 

蝶は迷子

                  Img_9924-3




死ぬことをやめた鳥たちは話しあう ひとはたくさん ひとはひとり



ペンがないならペンライトでメモとればいいでしょう音楽はあるから



7人でひとつの声を運ぶときニッコリはいつすればいいのだろう




薔薇はもっともっと歌手になりたくて π(パイ)は遠くから愛してる



羊そのものの色した毛糸がいい ポップな色の羊もいるといい

     


吉祥天のラインにまゆげで触れながらターンテーブルに

ニット帽のせる

 


ごきげんようサンキューおやすみ なんでもないところに

ふわっと屈辱はある

                               

 

あおい色いっぱいのカートすーっと押し手を離すときワレハ歌手ナリ



 

          (歌誌『かばん』掲載

         「蝶は迷子」、「にげる夫妻」、「2月と高慢と偏見」より)





     

               Img_9925-4

 

❤❤❤ 朗読はこちらをクリック! ❤❤❤

     
butterfly30

(🎵牛牛/「瀏陽河」)

🎧 🎧 ゆったり就寝モードでお聴き下さい。


 

 

| | コメント (0)

『楽屋』は、くりかえす(レビュー・プレイバックシリーズ♥朗読付き)



『楽屋』~流れ去るものはやがてなつかしき~


作 清水邦夫
演出 生瀬勝久
@  シアタートラム (6/25)プレイバック ☜2009年



            
Gakuya3_2

 

    gakuya00 (2019年のモナミ冒頭朗読  ♪ Rickie Lee Jones 

                Spring Can Really Hang You Up The Most )

  gakuya8  (つづきも、ちょっと朗読 ♪Wanda Sa& Celia Vaz

                                                     Tarde Cariocas   )

 

 

くすんだキラキラ感のある舞台、好き。
たのしいことより、
人生で、
うんざりするようなこと、恐ろしいことが
この舞台にはころんころんとのっかてる感じ。だけど、
いやじゃない。
なにかについて、
“考えさせられる”のって、つまんない。
“考えさせられる”
のではなくて、
“考えたくなる”のがいいの。そういうお芝居でした。

 

ここは、『かもめ』のニーナを演じる女優の楽屋。
でも、鏡台の前では
よくわからない二人が、ぶっちょう面でメイクをしては、
おとして・・・をくりかえしてる。

 

女優A・・・渡辺えり
女優B・・・小泉今日子

 

どうやら、二人は、万年プロンプターみたい。スポットライトなんて
一度も浴びたことない。
このでこぼこコンビのかけ合いが、おもしろい。(前半)
小泉がニーナ、マクベス夫人になってみせれば、渡辺はトリゴーリン、
はたまた幕末の博徒にも。
今だけは、パッと主演女優(俳優)の表情に変わる感じで、生き生きと。
(渡辺えりさん、くるくる動く!芸達者ぶり全開)

 

よくみると、Aの顔には大きな傷。
Bの首には血ぬれの包帯。
戦争や失恋の痛手を負ったまま、まだそこから立ち直れていない彼女たち。
なげやりな会話のなかに、せつなさがいっぱいなのです。Gakuya2_3
そして、せつないのは、

 

女優C・・・村岡季美
女優D・・・蒼井優

 

だって、同じ。
Cは、この楽屋の主で、実際に舞台でニーナを演じている女優。ツンケンした
「あたし、女優よっタイプ」になっていて、おかしいくらい。
(プライドとうらはらの孤独、自分の弱ささえ、ひねりつぶさんばかりの
  女優の凄味をだしてる村岡演技) 
そこで、一見して、Cは勝者、ABは敗者
という関係を崩すみたいに、夢遊病的な若い女優Dが現れて、言う。
「わたし、いま、眠りから醒めたの。ニーナは、私が演じます。
ニーナの役を下さい」って。

 

まー、おそろしい。で、結局、
怖れを知らない若いDが、高飛車なCから役を奪うという展開も
ありえるでしょ?でも、ここでは、
Cがわが身を死守。そして、Dは哀れなABのほうと
交わってゆくことに。
自分のこころの内だけに生きていたAB(この二人、じつは幽霊的)が、
Dとの出会いから、世界をとりもどしてゆくようすには、なんとなく、
ドラキュラが少女をひきよせてゆくような、あやしい官能もありました。
蒼井優ちゃんは、思ったより背が高くて、大きな赤ちゃんみたい)

 

そういえば、
この一週間前にみた清水戯曲『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってくる』は、
“女優”の生きざま、そのかたちを、かっこよくみせていた。             http://monami.cocolog-nifty.com/monya/2009/06/post-367b.html
『楽屋』は、ちがう。
この楽屋では、いつも、
女優/女性(個人/社会、生/死)の 
境界が曖昧になって、
溶け合ったり、離れたりをくりかえしてる

 

で、くりかえし・・・っていえば、つい先日のことなんだけど、
おもしろい美術作品をみたの。
60~70年代の映像作品を集めた展示
『ヴィジョンを待ちながら』@東京国立近代美術館  のなかの一作品。
作家は、メキシコ在住のフランシス・アリス。赤い車が、メキシコの
乾いた山道をのぼっていく。頂上につくぎりぎりのところで、バックして下りてくる・・・
これが20分くらいただくりかえされる映像。
この無意味な(ある意味皮肉な)くりかえしが、だんだん、のんびりと、
ここちよくみえてきた。単純にね。

 

それで、こんなようなここちよさみたいなのが、77年初演の『楽屋』というお芝居にも
あったんだなと思った。戯曲の魔力のせいかしら?それとも、2009年の
生瀬演出のせい?
俳優としてもおもしろい生瀬さん。なんだかメキシコっぽいお顔かなということで、
フランシスともメキシコつながり?

 

いえ、いえ、それはさておき、ABはDに言う。
「もう、自由にはなれないのよ」
ここで、なぜか、わたしが思い出したのは、『ゴドーを待ちながら』。
でも、さいごに彼女たちが言うのは、
『三人姉妹』のあの絶望の果ての名セリフだった。Taihako_2
--それがわかったら、それがわかったらねぇ
(“小泉今日子マーシャ”が、ぴったり!)
ある一瞬の輝きを過去に知っている、あるいは未来に
予感しているからこそ、
今は暗い“永遠”(くりかえし)を生きている・・・・
そんな三人があつまると、“なかま”が生まれるのかな?
となると、
女子は人生でなにを信じると、
時間がビタミンになるのかな?

 

なんてことを、”考えたくなる”舞台でした。☆

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ころがる(短歌朗読付き)

 

 

ころがる

                        Img_8081         



にんげんの蓋を外したままにして水の匂いの月にふりむく



エンボスの瞳のかたちの息が来て①「は?」②「バカ」③「ぷっ、ちげぇーよ」



思いだし笑いみたいなピザを噛み他人(ひと)の子もかわいいという
人                                 



噛み切ってあけてくれたプレミアム柿ピーもどき不思議に
激不味
              



向こうにもまるいマイクはありますネってあたしに話しかけ
てるの?きみ



葉脈をまったくもたぬひとひらの夢まろまろと惑うあやしさ



ゆうぐれはタコ足配線のひとりっ子今もうるさいピンボールにだけは



似てないわ コートかけにわたしから掘り起こされたコートがかかる

 

                   (歌誌『かばん』掲載)

 

                          Img_9086-2


             今年も木瓜が咲きました。



💓💓💓
朗読はこちら💓💓💓

korogaruru
🎧🎧 脱力 モードできいてネ

🎵 Takumi Kaneko / Unwind snippet  (SoundCloud) 



  Img_9088



     

| | コメント (0)

ややはる(短歌朗読付き)


ややはる

Setsubun_2




天気予報の光る臀部にみせかけて塵おとすひと 神様のため


 

キラキラキラかさなるカガミをくぐりぬけ白菜はまた結球する


 

山すその染まる速度で伊勢丹は閉まりほんとうは叔母が母です


 

とびら売りたち闊歩する夕まぐれ光にあつまる自転車の意地


 

だるまさんがころんだの度にピクルスの瓶がなんだかデブってきてる


 

水になるまえはクレヨンでした あの川久保玲展また行きましょうか


 

良いすずめ悪いすずめ去ってゆき列島はいくつ拷問を知るや


 

宇宙服の下に作務衣を はてしなきこのぬくもりに今、自信あり




サンドラ・ブロック、マイケル・ジャクソン、はるの人 ゆっくり似てきてやや

春になる

 

 

ていねいなクシャミはたぶんいつだってマイケル・ジャクソンのたまご

です  

 

               (歌誌『かばん』掲載 「ややはる」、「にげる夫妻」より)

 

朗読はこちら

「yayaharu22.mp3」をダウンロード

 

脱力モードで聴いてネ   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひかりまりんば(短歌朗読付き)

ひかりまりんば



Whisky3_2




ひかりとはなにか野蛮なものでしょうかいっきに夜空へ灯りはじめる

 

 

ひかり、もうひとつのひかり。テーブルにこぼしただけの瞳と孔と 

 

 

ここはどこここにはどこにもここはないからここはここアイ・ラブ・ユー・ソー 

 

 

ここからは線路はセピアのスクリーンのなかへ 電車はまだ気づかない

 

 

ネックレス切れてとびちるパールたちただとり乱す宇宙をなだめて
                            

 

 

平凡なモンスターのまねしてガ~という手のかたちエレガンスにぎる

 

 

ハロウィンはそのままのきみで 毎日が一本背負いじゃなくていいから

                        

           (歌誌『かばん』掲載

        「光の恋人」「but」「秋はおかしい」「まりんば」「パフェの構造」より)

朗読はこちら

「marinba20.mp3」をダウンロード

(B.G.M.もモナミ作成)


Bustier3_4

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

    

     
A    HAPPY    NEW    YEAR   !

20192_6

                 
                
                今年もよろしくネ!






     オートミール色の早春午後3時3分がきみの魅力に追いつく

        

     4章に分けてめんどくさそうに説明してる はるはめでたい

                        

                                  (歌誌『かばん』掲載)

                    


     


         

| | コメント (2) | トラックバック (0)

23100年から23110年まで

CD 『ON KAWARA     ONE MILLION YEARS(FUTURE 49)』(60minutes)

100_2
                              

未来の年号(23,031AD to 23,335AD)を、モナミが朗読してます。  

23100.mp3」をダウンロード     ☜一部抜粋


おやすみなさ~い!


 

Img_8675_2

                                    よいお年を!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

まゆげ3(短歌朗読付き♥)

          と

         も

        だ

        ち

         の

        い

      な

     い

      セ

       ン

        ス

         の

        お

       姫

      様

     で

      す

       も

         の

           さ

              く

                ら

                  は 

                   マナー

                        も 

                           最

                          悪


朗読はこちら

「sakuragirl1.mp3」をダウンロード

(”Mermaid1” from ”THE TEMPEST” Orlando Gough

× ”ROCK STEADY” Coza Nostra)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ムーン印のブラウニー