« あけましておめでとうございます! | トップページ | 君は1000% »

Spring Can Really Hang You Up The Most



(今、私が歌いたいうた100)



♪Spring Can Really Hang You Up The Most                                                                              
                                                            (1955)
                      
                                            作詞
 Fran Landesman
                      
                                            作曲 Tommy Wolf 


14boke2_3



小鳥先生


あの日、マキオ先生は、校庭の木瓜の花の陰から

元気なさそうに現われた。でも、「おはよう」の声は、

いつもどおりに高く澄んでいて、美しかった。ただ、右の足だけ

靴じゃなくてサンダルを履いている。白い包帯の爪先が、

少し寒そうにのぞいてる。僕たちは、放課後、先生にかんたんな

松葉杖を作ってあげた。水やシリアルをもっていったら、

「サンキュー」と先生はついばむように平らげた。

翌朝、教室は騒然となった。窓辺に翡翠色の羽が散らかっている。

なにものかが永遠にとび去ってしまった気配もして……僕たちは、

空を見上げた。

「おはよう」高く澄んだ声が響いて、いつものドアから


先生がとび込んできた。

14boke3













|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 君は1000% »

うた100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86932/65104921

この記事へのトラックバック一覧です: Spring Can Really Hang You Up The Most:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 君は1000% »