« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »

君は1000%


(今、私が歌いたいうた100)



♪君は1000% (1986 カルロス・トシキ&オメガトライブ)

                    作詞 有川正沙子
                   作曲 和泉常寛  




①グロー
 
 

     3月に入って、空が変わった。
 
猫のミテキ(漢字で書くと、美笛)が、

15heart

耳にまるい風を通わせている。




②ストーリー
 
 
 オレは、両手の指を組み合わせてテーブルの中央寄りに

置く、という姿勢をとった。少し背中がまるまって、

いかにもこれから、相手が話すことに、真摯に

耳を傾けようとしている感じ。

 
 「ええ、話したいこと、いっぱいあるんです。でも・・・」


ここで、耳乃はいきなり、ためらいモードに突入した。
 


③スピーチ
 
 
 むかし、ラジオの長唄をきいていた祖母が、

10歳のガキのオレに囁いた。

「しゃべりたいのをガマンして、唄っていると

 ツヤが出るのョ・・・」

このフレーズが、どういうわけか、脳内をかけ回った。 
 
 あのとき、思った。オレの場合、逆にこれから、

唄いたいのをちょっとガマンして、しゃべるのだ。

きっと、ステキなことが起こるよ・・・。



17heart8

 
 
④グローの内在化
 
 
 気づくと、耳乃はソイ・ラテのカップの縁を

指ではじきながら、窓の外をぽーっと眺めている。
 
 「しばらくのあいだ、わたしがわたしの好きなことを
 
 あなたに話したい、それだけでいいです」

そんな耳乃の〈事前の希望〉をオレは完全に無視した。

耳乃は、唄うように去っていった。 
 


 O.K.!

そう、予定調和をくつがえして、

初対面の彼女の意識を、バッチリ掴んだ。

オレはインディペンデントで、

女性の美と幸福をサポートする、

〈独立ホスト ヒガシダニ・マサミ〉なのだ。
 
 
 
 午後2時、空中に、春の霞がゆわゆわ漂っている。

17heart5_3

 




 

 




| | コメント (1) | トラックバック (0)

Spring Can Really Hang You Up The Most



(今、私が歌いたいうた100)



♪Spring Can Really Hang You Up The Most                                                                              
                                                            (1955)
                      
                                            作詞
 Fran Landesman
                      
                                            作曲 Tommy Wolf 


14boke2_3



小鳥先生


あの日、マキオ先生は、校庭の木瓜の花の陰から

元気なさそうに現われた。でも、「おはよう」の声は、

いつもどおりに高く澄んでいて、美しかった。ただ、右の足だけ

靴じゃなくてサンダルを履いている。白い包帯の爪先が、

少し寒そうにのぞいてる。僕たちは、放課後、先生にかんたんな

松葉杖を作ってあげた。水やシリアルをもっていったら、

「サンキュー」と先生はついばむように平らげた。

翌朝、教室は騒然となった。窓辺に翡翠色の羽が散らかっている。

なにものかが永遠にとび去ってしまった気配もして……僕たちは、

空を見上げた。

「おはよう」高く澄んだ声が響いて、いつものドアから


先生がとび込んできた。

14boke3













| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年5月 »