« 2017年5月 | トップページ

みてよかった…1月〰5月の舞台・映画などから⑤(『エレクトラ』他)

4月
Margaret

『エレクトラ』@世田谷パブリックシアター
原案・原作 アイスキュロス
劇作・ 脚本 笹部博司
演出 鵜山仁

小柄な、ボーイッシュなエレクトラ(高畑充希)、よかった。
汗だくで、エネルギーを一直線に出し切っていても、
ちょっと癖もあって。
クリタイムネストラ(白石加代子)は、
とてもたのしそうに演じていた。
わぁっ、あの自在な語りの世界が、なんだかさらに
バージョンアップしてる!
今も成長中なのだろうか?





5月



『草間彌生  MY ETERNAL SOUL』@国立新美術館


大きな作品展を、以前にもみた憶えはあったけど、
今年また、みてきました。やっぱり、草間作品には、
あらゆる創作に共通するテーマがあらわれていると思うから。
そういえば、だいぶ前のこと。
今はもう閉館してしまった、シブヤのシネマライズの
スクリーン前で、自作詩の朗読パフォーマンスを披露する
「ヤヨイちゃん」をみました。あのころと今と、姿変わらず。




映画『ターシャ・テユーダー  静かな水の物語』



またもや最終日にかけこんだのです。
ターシャの庭のすばらしさより、
ターシャ本人がいい感じにへんなひとであるところに
光を感じました。



Img_4448

 

★レビューつづく








| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから④(『萬斎ボレロ』他)


4月

Img_8094_3




★世田谷パブリックシアター20周年記念公演


『萬斎ボレロ』


今年は、世田谷区民招待公演と、一般公演と、
2回もつづけて 「ボレロ」をみちゃった。
この2回、ちゃんと、衣裳や演出がちがったのです。
区民招待の日は、舞台中央奥、御簾のかげからしずしず登場。
白髪下げ髪ロングヘアー、繻子の衣ずれ・・・厳しく、優雅に。
次にみた一般公演では、登場は上手から。
烏帽子スタイルで、凛々しく、すがすがしく。


私は、今年の下げ髪lバージョンが、
これまでにみたボレロのなかで一番好き。
「ホワイティーくんの絶対跳躍」、お見事なり! 
「萬斎トーク」のほうは、
「わかりやすい」ものだけをよしとはしないでいきたい、
世田谷・三軒茶屋から世界へ、
演劇文化のビームを
たえずえず送りつづけたい、などの“芸術カントクトーク”でした。 




『唐人相撲』


これは、なんて目に鮮やかな狂言舞台。ゴールド・グリーン・
ブルー・バーミリオン・・・。狂言というジャンルを一瞬忘れて、
夢みる。
ポストトークにあらわれたゲストの白井晃氏は一言、
 「前衛的ですね」




Img_7409_2

                                  





 ★レビューつづく



| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから③(『不信~彼女が嘘をつく理由』他)







3月



Img_4445_2_2




『不信~彼女が嘘をつく理由』@東京芸術劇場
 


このダーク系の三谷幸喜作品では、
まぁ、ごくふつうの
二組の夫婦(段田一則×優香・ 栗原英雄×戸田恵子)の
一見ふわふわとした出会いが、
実は周到に組み立てられた、衝撃のラストへと展開する。


「小道具」の使い方、たのしい。
(分銅みたいにドンッと落とされるマグロのあたま、
よくある白いホーロー容器、よくある黒い紙袋とか・・・)


ところで、以下のようなドラマがあるとすると・・・



① あるひとつの、「共通了解」のうえに
"ふつうじゃないこと"を、あくまでも "ふつうじゃないこと"として
ちりばめてみせる物語


② ”ふつうじゃないこと”(プライベートな事情とか感覚とかも含む)を、
あえて、できるだけ"ふつう"に、
なんでもないように語るドラマ。



私は②も、けっこう好きなんです。
これって、じつは今、私たちが、
ちょっと元気がないときにみるための、
ひとつのファンタジーにもなってるんじゃないかしらーー?




Img_7039_2_3



映画『彼らが本気で編むときは』


いつもの荻上直子作品らしく、のんびり空気のなかから
パンチがとび出るようでいて、
今回はそのパワーは少々よわかった。(生田斗真は、女装が似合う
というのは、
蜷川舞台『サド侯爵夫人』のときに、カクニン済み。
『サド』のとき、あれは、フランス人形そのものでした)




美術『花森安治の仕事』@世田谷美術館



                               
 ★レビューつづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから②(『炎アンサンディー』)

3月

Img_7384_4





『炎アンサンディ』@シアタートラム  
  作 ワジディ・ムワワド
  翻訳 藤井慎太郎
  演出 上村聡史




このドラマのシーンのひとつひとつが、「一篇の詩」。
しずかに、あるいは、
胸掻き毟るように、人間について、
家族について、紡がれていきます。




ヒロインは、
自らの生死をこえた、ひとつの意思を
沈黙の内に守らざるを得なかった。
自分が置かれた環境(レバノン内線下から亡命)のなかで。




意思は、死後にのみ、本当の愛に変わる。
そのメッセージの強度に、
舞台も客席も、同時に、
ただもう窒息せんばかりの感覚になる。
(麻美れい×岡本健一×中嶋しゅう×栗田桃子×小柳友
中村彰男×那須佐代子 )
それでいて、
実は、すっきりと「ウェルメイド」な仕上がりになってます。
(映画化もされている)





ポストトークでは、
「詩は、慰め」というようなフレーズが耳にとびこんできて、
一瞬あたまのねじがカチャカチャ混乱。
この舞台の時間の流れのなかに
すっかり入っていた私は、
このトークで「詩」と呼ばれていたものを、
詩というより、
「ふつうの、こころからのせりふ」
と感じていたと気づきました。
でも、この芝居を離れてみれば、
「詩」は、いつも、「慰め」とは限らない、ある種の攻撃パワーも
もっている・・・とかひとりで(詩歌をつくるものとして)思っていたら、
とつぜん、
岡本健一が、野村萬斎のしゃべり方の真似なんかして、
そっくりで、なんか「トラムっぽい」感じでした〰。
 

  ★レビューつづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みてよかった・・・1月〰5月の舞台・映画などから①(『陥没』他) )

1月

★ 映画『ブルーに生まれついて』


最終日に、バタバタ駆け込みました。
ジャズ・ミュージシャン、チェット・ベイカーの
苦悩を熱演するイーサン・ホーク。
麻薬がらみの暗黒ボコボコ事件(顎骨折)のあと、
バスルームで、血まみれで、トランペットを吹くシーン、痛〰い。
ジャズ界における、黒人・白人アーティストの微妙な対立感も
かいまみえたような感じ。


20174_4




2月

★『陥没』@シアターコクーン


 
 やわらかく、(ほんのり不思議で)、おもしろかった。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ昭和三部作のラスト。
たくさんの登場人物(幽霊含む)たちが
チェーホフ劇風にざわざわしてる。



笑いポイントが、たくさん。ただ、その全部に
必ず大笑いしなくても、好きなところで、
自由に笑えるのがいいです。
(1963年の東京オリンピック直前、開業したてのホテルに
集う面々はみな、どこかふわふわした空気に包まれてる。
ホテルの一室に侵入したらしいとされるけれど、
だれも見たことのない謎のホームレス氏のことさえ、
なんとなく「○○さん」と、旧知のひとのように名前で呼んで
しまったりして。
ホームレスのグループの会話。
一人が確信ありげに、「中丸と君塚にも伝えとかなくちゃ」
もう一人がまた確信ありげに、「そんなヤツはいないよ」
・・・とか、大筋には関係ない、これだけのせりふにも、
この“抜け感”。苗字の選択が、わけもなく、ツボ)



たとえば、
「やさしいことは、つよいこと」by宮城まり子
という言葉があるけど、
「やさしいことは、こわいこと」byケラ
という言葉もありそう。
でも、このドラマにはひとの感情を
ただゆさぶって、
そのまま放りだすような怖さはなかった。
 ホントに、言葉の銀河が、私たちをずっと
包みこんでるような。



Kihachi001





★『お勢登場』@シアタートラム 演出倉持裕


おなじみの江戸川乱歩作品をオムニバスにした、あやしの舞台。
テンポいい。そのぶん、
「乱歩ムード」はやや薄くみえたかもしれない。でも、一人何役かをこなす
演者がみんな生き生きしてみえました。
(黒木華×片桐はいり×水田航生×川口覚×粕谷吉洋×千葉雅子
×寺十吾×梶原善)



シアタートラムは、どうしてだかいつも、演じるひとびとの、
熱だけじゃなく、
彼らのお互いのつながりの明るさがじんわり、
はっきり伝わってくるんです。(他の小劇場とちがう)

                                    ★レビューつづく

Img_8259_2_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ